スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひとり通訳練習

新しい勉強を始めました。

韓国のラジオを聞いて、頭の中で同時通訳にチャレンジする「ひとり通訳練習」です。周りに人がいないときは、頭の中ではなくて、実際にぶつぶつ声を出してつぶやいています。

ダウンロードしたアプリはこちら。KBSのラジオアプリです。


さっそくWorld Todayという世界のニュースで練習してみました。


ニュースは速くてわからないところも多いので、通訳どころか理解するのもやっとです。でも、毎日続ければ少しずつ慣れてくるはず。

この勉強をするいちばんの目的は、音のinputを増やすことです。
日ごろから文字のinputはそれなりに多いのですが、耳からのinputが足りない気がしていました。

毎日の移動時間にこの練習をすることで、inputの量を確保しつつ、韓国語の文をぱっと日本語に訳す瞬発力をつけていきたいです。

シャドーイングをすることも考えましたが、韓国語のニュースを自分が声に出して読むというのは現実でもあまり必要ないシュチュエーションなので、通訳にしました。

なんだか急に韓国語熱が高まっている今日このごろ。この勢いで、少しステップアップしたいところです。

スポンサーサイト
  1. 2015/03/28(土) 01:09:37|
  2. わたしの勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

hana研究部に参加してきました

韓国語上級者向けの勉強会「hana研究部」に参加してきました。

「めぐろ韓国語勉強会」の方があたらしく立ち上げた勉強会です。詳しくはこちら。
http://megurokannkokugo.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/hana-6128.html

その名のとおり、教材は『韓国語学習ジャーナルhana』


今回はVol.3で特集が組まれている「韓国の方言」と、ニュースダイジェスト①と③がお題でした。

まず前半は方言について。
人気テレビ番組「ギャグコンサート」の方言コントを題材に、こんなときキョンサンドではこう言う、チョルラドではこう言うという内容を先生がおもしろおかしく説明してくれました。

方言のあたたかいこと、おもしろいこと。

まえにこの本を見ながら釜山方言でカトクをしてみたら韓国の友だちに大うけだったので、今回もどこかで使ってみたいと思います。



まえに使ってみたときは、友だちからも「니 와이러는데ㅋㅋ」「마 고마해라ㅋㅋㅋ」と方言で返事がきておもしろかったです。

後半は、ニュースダイジェストを使って、韓国でも大きな이슈(イシュー)になっていたニュースについて話しました。
ひとつは、軍隊での乱射事件。もうひとつはセウォル号をめぐる問題。

ニュースについての感想、意見を韓国語で言うという、むずかしいけれどためになる課題。
言いたいことが思うように言葉にならないのですが、こういう場があると、刺激になります。

中目黒はけっこう遠いけど、これからも参加したいと思いました。


  1. 2014/09/25(木) 18:22:01|
  2. わたしの勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「좋은 생각」の詩や記事をそのまま書きうつす

写真 (13)

「좋은생각」という月刊誌を入佐先生(『よくわかる韓国語』の著者)にすすめてもらい、ときどき読むようになりました。
写真は今月ソウルで買ってきた10月号です。

「좋은생각」は一般の人から寄せられたちょっといい話を集めている雑誌で、素朴なあたたかさがあります。
1日にひとつ、いい話を読めるように、1ページの短い記事が日付のぶんだけ並んでいます。

短いコラムや、漫画や、詩ものっています。

わたしはこの雑誌が気に入って、時間のあるときに短い記事や詩をそのままノートに書きうつしています。
自分では書けないようなきれいな韓国語を、すらすらと。見ながら書くだけなので誰にでもできます。

落ち着いた気分になれて、勉強にもなって、気持ちのいい勉強法です。


目立つ雑誌ではないけれど広く読まれているようで、小さな書店にも置いてあります。
インチョン空港のちょっとした本屋さんにもたいていはあります。


「좋은생각」のホームページ
http://www.positive.co.kr/

海外からも定期購読ができます
http://gudoc.positive.co.kr/gudocmap/


ちなみに入佐先生は、わたしが中学生のときにソウルで高校受験の勉強をみてもらっていた先生で、数学にはまるきっかけを作ってくれた恩師です。

韓国人のおばあさんの家の一室を借りていた小さな教室で、日本に帰ることへの不安を感じながらも、遊びのように勉強を楽しんでいた時代でした。
授業のあとは、先生の車でひとりひとり家まで送ってもらっていたのですが、ときどき途中で車をとめて屋台でトッポッキを食べたりもしました。
先生は当時、韓国の大学で日本語教師をしていたそうです。

それから15年もたった今年の夏、日本語教育学会のとある発表会場で周りを見渡していたら、なんと当時とちっとも変らない入佐先生が座っていました。
大人になって、日本語教師になったこと、今でも韓国語を勉強していることを報告できて、とても嬉しい出来事でした。

  1. 2014/09/24(水) 12:57:51|
  2. わたしの勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KBSの子ども向け番組「TV유치원 파니파니」(テレビ幼稚園パニパニ)で学ぶ

わたしは韓国語の勉強に韓国の子供向けコンテンツを大活用しています。

最近、これはいいと思ったコンテンツがこちら。
http://www.kbs.co.kr/2tv/sisa/funny/friends/study/adage/2167119_68905.html

KBSの子ども向け番組「TV유치원 파니파니」(テレビ幼稚園パニパニ)のことわざコーナーです。
アニメでことわざを説明してくれるのですが、このアニメがなかなかおもしろい。
リンク先は「작은 고추가 더 맵다」のアニメです。

こういうふうに覚えたことわざはしっかり記憶にも残りそう。
みなさんもぜひご活用ください。

  1. 2014/07/30(水) 22:19:55|
  2. わたしの勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓国の子ども用サイトを活用

twitterにもときどき書いていますが、わたしはよく韓国の子ども用サイトを見ています。

勉強というよりは、自然な韓国語に親しむことが目的です。
子ども用サイトは絵や動画も豊富なので、飽きずに楽しめると思います。

これまでは、「JUNIOR NAVER」(http://jr.naver.com/)ばかり見ていましたが、探してみると他にもたくさん出てきます。

今回は「어린이(こども)」、「뉴스(ニュース)」などのキーワードで検索して、発見したサイトをご紹介します♪


朝鮮日報の子供ページ
http://kid.chosun.com/

chosun.png


KBSの子供ページ
http://www.kbs.co.kr/child/

kbs kids


ニュースを読んだり、アニメを見たりして、楽しみながら韓国語をたくさんインプットしましょう♪

  1. 2014/02/27(木) 23:18:19|
  2. わたしの勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘミン スニム(혜민 스님)のツイートでお勉強

写真 (2)



ヘミン スニム(혜민 스님)のツイートを日頃から楽しんで読んでいますが、これが勉強にもけっこう役立っています。

たとえば、この日のツイートはこんな内容

눈이 왔을 때 바로 쓸면 쉽게 치울 수가 있지만 다음 날 쓸려고 하면 얼어붙어서 눈 치우기가 상당히 힘들어요.
雪が降ったとき、すぐに雪かきをすれば簡単に片づけることができますが、次の日にしようとすると、凍りついて雪をのけるのが相当大変です。

사람의 감정도 쌓여서 얼어붙기 전에 빨리 연락해서 풀어야지 한참 지나서 어떻게 해 보려고 하면 무척 어렵습니다
人の感情も積もって凍りつく前に早く連絡をして解決しないと、しばらく経ってからどうにかしようとすると、とても難しいです。


この日は、これを読んで「쓸다(掃く)」という言葉を学びました。
雪かきのことは「눈쓸기」というそうです。

ネット上に教材があふれている、便利な時代ですね。

(以前、ヘミンスニムの本も読んで紹介しました)
http://naokorean.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

  1. 2014/02/12(水) 11:32:19|
  2. わたしの勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1時間でできる韓国語多読・多聴

今日はひさしぶりにじっくり韓国語多読・多聴に取り組みました。
じっくりといっても、合計で1時間くらい。1時間でけっこうできるものですね。

韓国語多読(たくさん読む)

● 『외국인을 위한 한국전래동화 다독 라이브러리』
(外国人のための韓国伝来童話多読ライブラリー)

の中から、「호랑이와 곶감」(虎と干し柿)というお話を読みました。
韓国の有名な昔ばなしです。

多読ライブラリーの本は、一冊が10ページ程度のごくごく短いものなのですが、「一冊読んだ」という満足感が得られるのが魅力です。

最近、本職の日本語教師の仕事でも「日本語多読」を取り入れいて、これが韓国人学習者の方々にもなかなか好評です。その国では誰もが知っているようなお話に馴染んでいくことも、その国の言語を習得していく上で大きな力になると思っています。


韓国語多聴(たくさん聞く)

● Podcast『MBC RADIO 이재용이 만난사람(イ・ジェヨンが出会う人)」』

(以前ブログでもこのPodcastについて紹介しました)
http://naokorean.blog.fc2.com/blog-entry-174.html

今日は「도전과 실패도 스펙으로 보는, 세상을 바꾸는 학교 워커스(挑戦と失敗もスペックと見る、世の中を変える学校ワーカーズ)」という回を聞きました。(2013年11月29日放送)
約30分の対談(インタビュー?)番組なのですが、なかなか濃い内容です。「스펙(スペック)」という言葉は日本でも使いますが、韓国のほうがより一般的に使われている気がします。


● 쥬니어 네이버(ジュニア NAVER)
http://jr.naver.com/

大活用しているジュニバーの「놀이동요(遊び童謡)」の中から、「작은 동물원(小さな動物園)」という3歳児向けみたいな動画を見ました。
こんな幼稚なのは嫌という人も多いと思いますが、わたしはジュニバーでけっこう韓国語を学んでいます。


毎日1時間ずつこれを繰り返したら、数ヵ月で飛躍的に韓国語が伸びそうな気がします。
できるかなぁ、毎日・・・。せめて一週間に一度は多読・多聴に取りくみたいと思います。

  1. 2014/02/02(日) 21:30:10|
  2. わたしの勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。