梶山季之『族譜・李朝残影』



梶山季之『族譜・李朝残影』岩波現代文庫

「族譜」、「李朝残影」、「性欲のある風景」

京城(ソウル)で生まれ育った著者が、日本による朝鮮植民地支配の実態や、そこに暮らした日本人・朝鮮人の心情を描いた作品集。感情を持ったひとりの人間を通して描かれる創氏改名や京城の8月15日の様子に強烈な印象を受けました。
支配側(権力側)にこの著者のような良心や罪の意識を持った人物がいたことは救いのようにも感じられるけれど、現実を変える力のない罪の意識だけでは、被支配側にとっては何の意味もないということも痛いほどよく描かれている作品でした。

  1. 2017/05/12(金) 15:10:42|
  2. 韓国にまつわる本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

川村湊(2000)『ソウル都市物語―歴史・文学・風景』



川村湊(2000)『ソウル都市物語―歴史・文学・風景』 平凡社新書

これはおもしろかった!
李朝の都・漢陽から日本植民地下の京城、そして現代のソウル特別市へと移り変わってきた都市ソウルを、さまざまな史料や文学作品をつなぎあわせて描き出していく内容。
京城で育った李箱、同じ時代に支配側として京城に暮らしてていた梶山季之、さまざまな闇を抱えながら発展を遂げていくソウルを描いた中上健次、李良枝など、たくさんの文学者の目線が紹介されていて、巻末の参考文献リストをすべて読んでみたくなる。
リストはなかなか膨大なのだけれど、まずは梶山季之『李朝残影』を注文してみた。
今観光で訪れている明洞や鐘路、地下鉄の路線図で目にしている往十里や永登浦などがそれぞれの時代にどんな意味を持った場所だったのか、そういうことに触れて、もっと知りたい気持ちがむくむく。

  1. 2017/05/12(金) 14:12:55|
  2. 韓国にまつわる本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

渡辺吉鎔(1996)『韓国言語風景』



渡辺吉鎔(1996)『韓国言語風景―揺らぐ文化・変わる社会 』岩波新書

期待せずに読みはじめたら第一章からものすごくおもしろい。

第一章 日韓文化の遠近
1 ことばに宿るコスモロジー
2 数の民俗
3 「気」と動物のイメージ
4 「色」の世界

五行思想が日本語と韓国語に残している影響を知って、今までわけを知らずになんとなく受け入れていたこと、例えば「韓国の運動会は青組と白組に分かれている」、「東西に龍と虎が守り神として配置されている」、「日本語の色のことばは基本の五色だけが形容詞の形を持つ(青い、赤い、黄色い、白い、黒い)」(茶色は例外)など、それらの根底にこの五行の考え方があることがわかって目から鱗でした。

  1. 2016/11/27(日) 15:45:09|
  2. 韓国にまつわる本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

済州4・3をめぐる読書

済州4・3事件にまつわる本を読んできたので、まとめて記録。

はじまりは、チェッコリで金石範先生にお会いしたこと。
ご挨拶したものの作品をひとつも読んだことがなかったので、これを機に読もうと思い、スンボクさんにおすすめを聞きました。

すすめてもらい読んだのが『満月』。

大阪に暮らす済州島出身の男を主人公とした小説です。
男の母親は4・3事件のときに滝で銃殺されていて、大阪で毎年祭祀が行われている。
4・3の遺族たちを中心にした作品でした。



その後、チェッコリにクォン・ユンドクさんの新作絵本『나무도장』が入ってきました。
やはり済州4・3を題材とした作品で、物語の前後に歴史の解説もついています。
島の人を撃ち殺した側の警察が、その銃殺現場で生き残った赤ちゃんを育て、そのことを小学生になったその子に告げるという内容。

チェッコリでこの絵本をテーマにしたイベントを企画することになり、『나무도장』の日本語訳を作りました。

art_1459658478.jpg

今度は、この絵本を「済州島四・三事件を考える会」の記念行事で販売することになり、4月に記念行事に参加しました。
その行事で心に残ったのは、だれが悪者でだれが犠牲者だということよりも、島の狭いコミュニティで起きてしまった悲劇をどう乗り越えるか、どう許して関係を再生させるかという前向きな姿勢が示されていたこと。
済州島の歌や踊りにも触れて、自分のなかでもこのテーマに取り組む意味のようなものが少し見えた日でした。
この日、『나무도장』の絵本と日本語訳を金石範先生にもお渡ししました。

5月には、一橋大学で金石範先生が講演をするというので聞きにいきました。
金石範先生が「日本語訳よかったよ」と声をかけてくださって感動しました。
講演で、先生の大作『火山島』のもととなった「鴉の死」という作品への思い入れを聞き、これは読まなくてはと思いさっそく読みました。
「鴉の死」は、4・3事件真っ只中の済州島を舞台とした小説です。権力側につき、島の人たちを殺す側に立ってしまった男の苦しみにぞっとしました。



講演の後、金石範先生を囲んでお茶をして、そのときに一橋大学大学院のイ・ヨンスクゼミの方から
金時鐘さんとの対談を読んだほうがいいと教えてもらったので、それも合わせて読みました。
4・3について書き続けてきた作家(金石範先生)と、沈黙してきた作家(金時鐘)の対談。どちらも壮絶な人生です。



「鴉の死」と対談を読んだあと、『나무도장』の訳を考え直しました。

そして、6月26日に、『나무도장』の作者クォン・ユンドクさんをお招きして、チェッコリでイベントを開催しました。
「済州島四・三事件を考える会」の方々や金石範先生も来てくださって、歴史と平和について考えるいいイベントになりました。


その次は、対談の聞き役として本をまとめた文京洙さんが、2015年に新しく『新・韓国現代史』を出していたので、それを読みました。



そのまた次に、金時鐘さんの人生をモデルとした梁石日さんの小説『大いなる時を求めて』をともよんださんにお借りして読みました。
対談で語っていた内容と重なる部分も多くて、金時鐘という詩人が急に自分に迫ってきた気がしました。
岩波ブックセンターに行って、金時鐘さんの他の本も買ってきました。



本が本を呼んで、つながっていく読書。こういう読み方が今はおもしろく感じます。
つづきはまたこんど。
  1. 2016/07/23(土) 11:27:41|
  2. 韓国にまつわる本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日本語で読みたい韓国の本ーおすすめ50選』



『日本語で読みたい韓国の本ーおすすめ50選』を読みながら、ひといき。

解説を読んでいると、どれもみんな読みたくなってきます。

韓国の本のおもしろさに気づいてしまったことは、わたしの30代におとずれた幸運なのじゃないかしら。

K-BOOK振興会 公式ホームページ「K-文学.com」もおもしろそうです。
http://www.k-bungaku.com

  1. 2015/08/24(月) 00:41:13|
  2. 韓国にまつわる本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『韓国人はアンニョンハセヨとは言わない!?』



ちょん・ひょんしるさんの『韓国人はアンニョンハセヨとは言わない!?』を読みました。

韓国の人たちの人への接し方、人との距離の取り方、言葉への思いなどを理解するのにとてもいい本です。日常でよく使う表現がたくさん紹介されているので、韓国の人たちとうまくコミュニケーションをとりたいと思ったときのよき参考書にもなってくれます。

喜びも悲しみも怒りも思いっきり言葉にする韓国語の文化。
ときには戸惑うこともあるのですが、感情をぶつけてくれるのは親しみや信頼のしるし。韓国語のそういうところがあたたかくて大好きです。

  1. 2014/07/04(金) 12:59:28|
  2. 韓国にまつわる本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『まんがハングル入門―笑っておぼえる韓国語』



漫画家、高信太郎さんの『まんがハングル入門―笑っておぼえる韓国語』という本を読みました。

とってもわかりやすいハングルの入門書です。
「お隣の国なのだから、言葉をおぼえようよ」という高さんのメッセージも明快。
韓国語をはじめてみたいという方におすすめの一冊です。

  1. 2014/06/27(金) 22:21:40|
  2. 韓国にまつわる本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ