『엘리베이터(エレベーター)』

〈엘리베이터〉
作者 경혜원(ギョン・ヘウォン)
出版社 시공주니어(シゴンジュニア)
出版年 2016

x9788952782588.jpg

恐竜が大好きな윤아(ユナ)ちゃん。

エレベーターでティラノサウルスの真似をしていたら、ふとつ下のフロアで「どすん」とトリケラトプスが乗り込んできます。
さらに下のフロアでは小さな恐竜、つぎは首の長い恐竜…。
つぎつぎに恐竜が現れて、いつの間にかエレベーターは恐竜たちでいっぱいです。

でも、よくよく見ると、近所の아줌마(おばさん)や언니(おねえちゃん)にどこか似ているような…。

エレベーターという小さな空間を夢の世界に変えてしまう子どもの楽しい想像力を描いた作品です。

i9788952782588.jpg

  1. 2017/02/20(月) 16:38:08|
  2. 絵本(入門)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『잘잘잘 123』

〈잘잘잘 123〉
作者 이억배(イ・オクベ)
出版社 사계절
出版年 2008

x9788958282792.jpg

韓国の「잘잘잘」という数え歌を描いた作品です。

イ・オクベさん(1960~)は韓国を代表する絵本作家で
「솔이의 추석 이야기(ソリちゃんのチュソク)」
「비무장지대에 봄이 오면(非武装地帯に春がくると (日・中・韓 平和絵本))」
「세상에서 제일 힘센 수탉(せかいいちつよいおんどり)」など
数々の名作を生みだしています。

  



ページいっぱい細部まで丁寧に描き込まれた絵が特徴で、お話はどれも心あたたまるものばかりです。


「잘잘잘 123」の絵はこちら

i9788958282792.jpg

「하나하면 할머니가 호박을 이고서 잘잘잘」
ひとつといえば おばあさんが かぼちゃを かついで(頭にのせて) 잘잘잘

これが1から10まで続きます。

歌詞は違いますが、歌のメロディはこちらです。



  1. 2016/11/04(金) 20:55:07|
  2. 絵本(入門)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『달려(走れ)』

〈달려〉
作者 이혜리(イ・ヘリ)
出版社 보림(ボリム)
出版年 2009

IMG_7494.jpg


『달려(走れ)』

横長のページのなかを、動物たちが風のように走り抜けていきます。

ライオンが走る。

孔雀が走る。

虎が走る。

ティラノサウルスが走る。

i9788943307752.jpg
(画像 교보문고)

本のなかには収まりきらず、そのまま飛び出してきそうな勢いです。

文字はほんの少ししかありませんが、躍動感あふれる絵がとっても魅力的!

作者の이혜리(イ・ヘリ)さんは、〈비가 오는 날에〉という絵本が日本、フランス、ドイツ、スペインなどでも翻訳され、注目を集めている作家さんです。




ソウルの상수(上水)駅の近くに今年オープンした絵本カフェ、『노란우산』で買ってきました。

  1. 2016/08/25(木) 18:33:16|
  2. 絵本(入門)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『춤을 출 거예요』

〈춤을 출 거예요〉
作者 강경수
出版年 2015
出版社 그림책공작소 http://www.wellmadebooks.co.kr/

x9791195328246.jpg

2015年に出版された黄色い表紙の絵本です。

中は白黒で、余白の多いページ使いが印象的です。

文章もとてもシンプルで、タイトルでもある「춤을 출 거예요(踊ります)」ということばが何度も何度も繰り返されます。

寝室でも、野原でも森でも、雨の中でも、自分の中に流れる音楽にのって踊り続ける女の子。

この子の夢はきっとバレリーナとして舞台に立つことなんですね。
子どもの一途な夢を描いたとてもいい作品だと思います。

最後のことばが気に入っています。

「춤이 좋으니까요.」
踊るのが好きだから。





同じ作家さんの作品
『나의 엄마』 2016
『나의 아버지』 2016

  1. 2016/06/04(土) 23:57:53|
  2. 絵本(入門)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『나의 엄마』

〈나의 엄마〉
作者 강경수
出版社 그림책공작소
出版年 2016

image1.jpg


今年の5月に出版されたばかりの新しい絵本です。

『나의 아버지』(ぼくのお父さん)という絵本も同時に出版されています。
5月に出されているのは、韓国の父母の日を意識してのことでしょうか。
中身のテイストは少し違うのですが、どちらもシンプルなことばと素朴な絵が心地いい絵本です。

『나의 엄마』は、実は「엄마」という一言だけで描かれている作品です。

赤ちゃんがはじめて言った「엄마」、ひとりが怖くて泣きながら呼んだ「엄마」、怒りまかせに叫んだ「엄마!」、やがて大人になって、お嫁に行く日に声を震わせて呼んだ「엄마」、病気の母に向かって言った「엄마」。

そのときどきの娘とお母さんの関係が、「엄마」というたった2つの文字と絵で、これ以上ないほどうまく表現されています。

ページをめくりながら、「엄마、엄마」とつぶやいていると、なんだか泣きそうになる絵本です。
大人の読者に向いているように思います。



  1. 2016/06/01(水) 02:15:38|
  2. 絵本(入門)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『펭귄 랄랄라』

〈펭귄 랄랄라〉
作者 구신애
出版社 반달
出版年 2015

IMG_6043.jpg


遊び心あふれる絵本をつぎつぎに生み出している、「반달」という出版社の絵本です。

作者は、若い女性作家さん。
絵はコンピューターを使ったデザイン風のタッチです。

よちよち氷の上を歩いているペンギン「다섯 마리」(5匹)
1匹がボチャンと海に落ちて、ペンギン「네 마리」(4匹)
アザラシさんの頭に乗ってまた氷の上にぽんっ。ペンギン「다섯 마리」(5匹)

・・・というふうに、見え隠れするペンギンたちを数えながらお話が進んでいって、
最後にはちょっと心あたたまるオチが待っています。


この絵本では、「~마리」という動物の数え方が自然に覚えられます。

擬音語、擬態語がいっぱい出てくるので少し戸惑うかもしれませんが
ペンギンの数を数える大筋が追えれば、初心者のかたでも楽しめます。

擬音語・擬態語は無理に覚えようとしないで、次にまた別の本で出合うまでひとまず放置しておくのがおすすめです。

写真上はケースで、下が中身の絵本です。

日本語訳はまだ出ていません(2016年8月時点)。

  1. 2016/05/22(日) 10:38:15|
  2. 絵本(入門)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『아가야 밥 먹자』

〈아가야 밥 먹자〉
作者 여정은 絵 김태은
出版社 길벗어린이
出版年 2015

IMG_6040.jpg

白いご飯、豆ごはん、おにぎり、キムパプと、おいしそうなご飯がつぎつぎに出てくる絵本です。
最後にはご飯をおいしく食べる赤ちゃんの姿も。

絵を描いた김태은(キム・テウン)さんはこれが初めての作品だそうですが、色も落ち着いていて、全体的に健康的な感じもして、とてもいい絵だと思います。表紙からもセンスのよさを感じます。

文章は、「김밥을 먹을까?」 (キムパプを食べようか?)のように
「~을 먹을까?」 がなんども繰り返されます。

おにぎりを「ぎゅっと握る」のような多少むずかしいことばも出てきますが
絵を見ながら読めば初心者のかたでも大丈夫です。

rice.jpg
画像:교보문고

ご飯(お米)を食べることを大切に考えている韓国らしい作品なので、韓国語多読にぴったりです。
みずたまるさんが見つけてきてくれました。

日本語訳は出版されていません。

  1. 2016/05/22(日) 02:58:45|
  2. 絵本(入門)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ