スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『이제 집으로 가자』 もう家に帰ろう

〈이제 집으로 가자〉
作者 강진주
出版社 노란상상
出版年 2015



오늘 아주 좋은 책을 읽었어요.

둘도 없는 소중한 친구를 잃고 너무나 슬퍼서 마법의 힘까지 잃은 마법사가 마법의 힘을 되찾기 위해 여행을 떠나는 이야기였어요.

긴 여행 끝에 깊은 슬픔에서 벗어나 스스로의 힘으로 다시 마법을 쓰게 된 마법사는 둘이서 행복했던 기억들이 하늘의 별이 되도록 울면서 외쳤어요.

"빛나는 별이 되어라!"

그리고 하늘에서 반짝이는 별들을 보면서 소중한 추억들을 가슴에 담아 말했어요.

"이제 집으로 가자"

이 책이 마음에 쏙 들어서 혼자서 두번 그리고 다 같이 다시 한번 읽었어요. 작년에 하늘나라로 가버린 친구가 생각나서 좀 슬프기도 했지만 좋은 책은 아픈 마음을 위로해주는것 같았어요.



(裏表紙に書かれていることば)

"어떻게 하면 이 슬픔에서 깨어날 수 있을까?"

"가장 행복했던 순간을 떠올려 봐.

마음으로 느낀다면 영원히 너와 함께할 수 있을 거야."

スポンサーサイト
  1. 2015/12/21(月) 19:30:50|
  2. 絵本(中級)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『까만 코다』 黒い鼻

〈까만 코다〉
作者 이루리 文 엠마누엘레 베르토시 絵
出版社 북극곰
出版年 2015

표지_까만코다_web-255x300


くまの親子の心あたたまるお話です。

あたり一面真っ白の北極で、狩人が白くまを狙って狩りをしています。

白い景色のなかで白くまを撃つとき、たよりになるのは、くまの「까만 코 黒い鼻」。

狩人は、あるくまの親子のふたつの「까만 코 黒い鼻」に狙いをさだめていました。

気配を察したお母さんぐまは、どうかこの子を助けてと祈りながら、子どものくまを抱きしめます。

子どものくまも、どうかお母さんを助けてと、お母さんの「까만 코 黒い鼻」を手で隠します。

真っ白なかたまりになった親子のくまは、雪の背景に溶けこんで、狩人から見えなくなってしまいました。


白っぽくて静かで、やさしい気持ちになれるお話です。

  1. 2015/02/27(金) 13:29:09|
  2. 絵本(中級)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『오늘은 5월18일』 今日は5月18日

〈오늘은 5월18일〉
作者 서진선
出版社 보림
出版年 2013

1980年に起きた「5・18光州民主化運動」を、ひとりの少年の目線から描いた絵本です。

744.jpg

表紙に描かれているのは、目を覚まして、누나(お姉ちゃん)がいなくなっていることに気づいた少年のようす。
枕元には少年が大事にしている「割りばし銃」が置いてあります。
누나が、戦争ごっこに使う銃のおもちゃを欲しがった弟のために作ってくれたものです。

いなくなってしまう前の日の夜、누나は「どうしてもしなくてはいけないことがある」と言って、弟をぎゅっと抱きしめました。

この누나の言っていた「どうしてもしなくてはいけないこと」は、民主化運動に参加すること。
多くの大学生、高校生、一般市民がデモに加わっていきました。



少年と家族は、누나の無事を祈りながら、不安な時間を過ごします。
お父さんの後ろについて、犠牲者の中に누나の姿がないか探し歩いた少年は、銃でたくさんの人たちが命を落としたことにショックを受けて、大事にしていた「割りばし銃」をゴミ箱に捨ててしまいます。


この少年は作者自身でもあるのか、本の説明には「作者の体験をもとに」ということが書いてありました。
悲しい絵本です。


出版社のサイトに詳しい本の紹介が出ています(韓国語)
http://www.borimpress.com/book/book_views.asp?bookid=744

  1. 2015/01/09(金) 18:58:10|
  2. 絵本(中級)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『안녕, 폴』 アンニョン、ポル

〈안녕, 폴〉
作者 센우
出版社 비룡소
出版年 2014

写真 (8)

〈冬に読みたい、心あたたまる一冊〉

まるで一本の映画のような、独特の世界観を持った作品です。

立体的なものと写真と絵が自由に混ざり合ってページが作られています。

i9788949112503.jpg


白黒で描かれたペンギンの「폴」に立体的な赤いマフラーが巻かれている表紙も印象的です。

この絵本、実はこんなふうに作られていたようです。

(メイキング映像)


ストーリーはいつかこの本を手にとる方のために書かないでおきますが、何もかもが凍ってしまう寒い南極の基地を舞台にくりひろげられる、人の優しさがつまった物語です。

この絵本は、韓国留学エージェント「aah! eduation」の竹内さんがじきじきに選んで、多読の会にプレゼントしてくださったものです。

多読の会で、たくさんの方に読んでいただけたら嬉しいです。

  1. 2014/08/20(水) 20:49:58|
  2. 絵本(中級)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。