スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【アニメ・初級】 내 장화(ぼくの長靴)

雨にまつわる擬音語がたくさん出てきます。



スポンサーサイト
  1. 2015/08/25(火) 00:09:51|
  2. 多読・多聴に使えるコンテンツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日本語で読みたい韓国の本ーおすすめ50選』



『日本語で読みたい韓国の本ーおすすめ50選』を読みながら、ひといき。

解説を読んでいると、どれもみんな読みたくなってきます。

韓国の本のおもしろさに気づいてしまったことは、わたしの30代におとずれた幸運なのじゃないかしら。

K-BOOK振興会 公式ホームページ「K-文学.com」もおもしろそうです。
http://www.k-bungaku.com

  1. 2015/08/24(月) 00:41:13|
  2. ●韓国にまつわる読書記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アニメ・中級】 뽀로로(ポロロ)

韓国で子どもたちに絶大な人気を誇るポロロ。
お話は単純なのですが、意外と聞き取りにくいので、中級としました。
字幕はありません。



  1. 2015/08/23(日) 11:08:42|
  2. 多読・多聴に使えるコンテンツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『나는 기다립니다…』 と『まってる。』




『나는 기다립니다…』と『まってる。』


日本語版が東中野の本棚にあって、前から気に入っていたこの本。

フランスの絵本で、日本語版はこやまくんどうさんが訳しています。

本の形からして特別で、かばんにしのばせておいて、大事な人に贈りたくなるようないい絵本です。

先月、うれしいことに、あやこさんが韓国語版を貸してくれました。

日本語版と韓国語版では、読んだ印象が少し違います。
それぞれに別の個性を持った本という感じがしました。
これからも、こんなふうに楽しくふたつの言語を行ったり来たりしたいものです。


나는 기다립니다...
まってる

ママのケーキが焼けるのを待っていた子どもが大きくなって、彼女からの手紙を、プロポーズの返事を、子どもの誕生を、家族と過ごす休日を、戦争の終わりを待っている。

やがて年をとってからは、子どもたちからの電話を、大丈夫という医者のことばを、孫たちの声を待っている。

生まれてから死ぬまで、ずっとなにかを待っている。

待つものの多い人生がどんなにあたたかいものかを感じさせてくれる絵本です。


32歳のわたしが読むのと、10年後のわたしが読むのとでは、気持ちを入れ込むページがきっと変わっているんだろうなあ。

みなさんはなにを待っていますか。


日本語版

まってる。


  1. 2015/08/21(金) 18:14:35|
  2. ●韓国の絵本紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

전분/녹말 でんぷん

전분/녹말 でんぷん

잡제は何でできているか、という話をしているときに学んだことばです。

전분(澱粉)と녹말、どちらも使うそうです。

감자녹말  じゃがいものでんぷん
녹말가루  でんぷん粉

  1. 2015/08/19(水) 09:47:35|
  2. 韓国語表現メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

말이라도 한번 해 보다 言うだけ言ってみる

말이라도 한번 해 보다 言うだけ言ってみる

例1) 말이라도 한번 해 볼까?

例2) 그래도 말이라도 한번 해 보지 그래요?

  1. 2015/08/08(土) 16:48:39|
  2. 韓国語表現メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

웃어 넘기다 笑ってごまかす

웃어 넘기다 笑ってごまかす

例)이 일은 그냥 웃어 넘길 일이 아니다.

  1. 2015/08/08(土) 15:41:36|
  2. 韓国語表現メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

책은 마음의 양식 本は心の糧

책은 마음의 양식 本は心の糧

양식の漢字は「糧食」です。
ハングルで書くと、「養殖」も「様式」も「良識」も同じ양식だからややこしい。

またしても 『日常韓国語会話ネイティブの公式』 に出てきたことばです。
この本、今日で最後まで読みきりました。
3年くらい前に、この本のCDでシャドーイングをしていたのですが、今回は音ではなく本の内容をひとつひとつじっくり読んでみました。




本は心の糧といえば、最近読んだ本で心に残った一節。

「身の回りの物事を楽しみ、生活にちょっと手間をかけて彩りを添えることは、人間にささやかな自尊心を与えてくれます。そうやって手に入れた自尊心は、ささやかではあってもゆらぎはせず、積もり積もってしっかりしたものに育っていきます。それがあれば、勝ち負けに悩むことも他人を見下ろすこともなく、ゆったり構えていられますし、年を取ろうと、貧しくなろうと、逆境におちいろうと、自尊心をまるごと失ったりはせずにすみます。それが文化というもののありがたさで、大人はその楽しみ方を子どもに手渡していかねばなりません。読書の楽しみも、そのひとつなのです。」
『読む力は生きる力』 脇 明子

  1. 2015/08/08(土) 11:54:53|
  2. 韓国語表現メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アニメ・中級】 해님 달님(おひさまとお月さま)

해님 달님(おひさまとお月さま)という韓国の昔話です。

字幕なし



韓国語字幕つき



韓国語多読の会にも、このお話の絵本が3冊あります。

ひとつはこちら。韓国の알라딘という古本屋で買いました。
ぼろぼろの本で、ところどころページが破れてしまっているのですが、絵が気に入っています。

20150211_01.jpg

もうひとつは、この昔話の5冊セットに音声つきで収められています。
聞き読みをするのにぴったりです。

203987848g.jpg


韓国の昔話には 호랑이 がよく出てくるのですが、この해님 달님のトラはその中でもいちばん有名なトラさんです。

어흥! 떡 하나 주면 안 잡아 먹지!
ガオー!もちをひとつくれたら食べないでやるぞ!

というのがこのトラの決め台詞。
最後の部分を「안 잡아 먹~~지」と伸ばすのもお決まりです。

  1. 2015/08/04(火) 08:42:20|
  2. 多読・多聴に使えるコンテンツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

休みの日の読書 『役にたたない日々』 佐野洋子



図書館から借りていた佐野洋子さんのエッセイを、おわりまで読みました。
こんなのんびりした一日は久しぶり。

佐野洋子さんが「冬ソナ」から韓流ドラマにはまるくだりが笑えました。
「執念深いのである。執念深いと云えばヨン様も女も執念深い。死ぬほど執念深いのである。」とかいって。
一年間死ぬほどはまって、DVDを買いまくって、顎がはずれて(いつも同じ姿勢でテレビを見ていたせいで)、ブームがさったらしいです。


佐野洋子さんが好きです。
会ったことはないけれど、エッセイを読んでいると、こういう人っていいなあと思います。
どういう人かというと、なんというか、少しも、ちまちましていない。
勝ち気でことばも性格も激しくて、つまらないことに腹を立ててばかりいるのだけど、なんだかあたたかい人です。
わたしは自分のおばあちゃんがいちばん好きだけど、佐野洋子みたいなおばあさんにも惹かれます。

姉が、わたしの机に置いてあったこの本を少し読んで、「気の強さと口の悪さがすごいね」とコメントしてきたので、『シズコさん』も合わせて読んでみて、と弁明しておきました。

『シズコさん』では、戦後に大変な苦労をして、お兄さんと弟が栄養失調で死んでしまったことや、絵がうまかったお兄さんの絵具で絵を描きはじめてお母さんに睨まれたときのことなどを読んで、電車の中で泣きました。



エッセイを読んでから佐野洋子さんの絵本を読むと、感じ方が変わる気がします。



この絵本、やっぱり韓国語版を買おうかしら。『おじさんの傘』も。


今回この『役にたたない日々』を読んだのは、台湾人のナタリーさんがおすすめしてくれたからです。
今はもうない東中野の日本語学校で教師をしていたとき、受け持っていたクラスの学生だったナタリーさん。

わたしが昔話したことや、紹介した作品などをよく覚えていてくれて、「佐野洋子さんは先生の好きな谷川俊太郎さんの元奥さんです」という情報まで送ってくれました。これだから日本語学校の教師はやめられない。

ナタリーさんは、このエッセイを日本語と中国語両方で読んで、翻訳の勉強をしているそうです。すばらしい。


いい本は癒し。
その中でも、だれかがすすめてくれた本を読んで、それが自分も気に入ったときは格別にうれしいです。

  1. 2015/08/02(日) 23:18:08|
  2. ●日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

정 붙이고 살면 고향이다 住めば都

정 붙이고 살면 고향이다  住めば都

は「情」です。
「情がわけばふるさとだ」ということでしょうか。
なんとも韓国語らしい表現ですね。

정들면 고향 ともいうようです。

わたしも子ども時代をソウルで過ごしたので、「ただいま」という気持ちになれるのはやっぱりソウル。
近いとはいえ外国で、言葉が通じなかったり、日本では当たり前に手に入るものが売っていなかったり、不便なこともありましたが、정 붙이고 살면 고향이다ですね。


(この本の p.302に出てきました)



  1. 2015/08/01(土) 15:45:59|
  2. 韓国語表現メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。