スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ハン検1級対策その2】 新聞の社説を読む

ハングル能力検定1級対策で、新聞の社説を読んでいます。

네이버(NAVER)のトップページに主要新聞社のリンクが並んでいるので、記事を探すのは簡単です。

社説は「오피니언(オピニオン)」カテゴリに分類されています。

ひとまず「중안일보(中央日報)」と「한겨레(ハンギョレ)」を選んでみました。


●중안일보(中央日報)>오피니언(オピニオン)
http://news.joins.com/opinion?cloc=joongang|home|section1

●한겨레(ハンギョレ)>오피니언(オピニオン)
http://www.hani.co.kr/arti/opinion/home01.html?_fr=mt0


*どちらの新聞も、印刷ボタンから印刷すると、ひとつの記事がA4一枚半くらいの量におさまります。
*スマホの画面で読むのに抵抗がない方は、중안일보/한겨레などのアプリで、「어피니언(オピニオン)」から記事を探せます。  (ブラウザで直接新聞社のホームページに進んでも記事の全文を読むことができます。)


社説を読んでいて感じるのは、日頃わたしが読んでいるものとは出てくる語彙のジャンルが違うということ。
普段は絵本やエッセイなどばかり読んでいるので、それに比べると社説の語彙は難解です。

例えば今日読んだ記事に出てきたことば/表現はこのようなものです。

・신빙성(信憑性)을 문제 삼았다
・천박(浅薄)하고 야만(野蛮)적 발상
・점입가경(斬入佳境)으로 치닫고 있다
・압수수색(押収捜索)

漢字語が多いので、慣れればかえって読みやすい部分もあるのかもしれません。

慣れるまでは難しく感じてしまうのですが、こういうジャンルのものを読むときも、絵本多読で読むこと自体に慣れていることは大きな力になってくれます。
そして、こういうジャンルのものでも、多読的な読み方をしていると、読めば読むほど抵抗がなくなって、読むスピードがあがってきます。
すぐに効果が実感できるので、ひとまず短期間に20くらいの記事を読んでみるのがおすすめです。


新聞記事によく出てくることばや表現を「韓国語単語帳」アプリの「政治・経済」カテゴリにまとめているので、ぜひ参考にしてください。

Web版
http://www.nihongonoki.com/study/words/ko/
iPhone アプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/han-guo-yu-dan-yu-zhang/id650712080?mt=8
Andoroid アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.qpen.android.words_ko

スポンサーサイト
  1. 2016/12/29(木) 18:01:07|
  2. ハン検1級への挑戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

hana17号のCDを聞いて

今日発売されたばかりの『韓国語学習ジャーナルhana Vol. 17』の「hana+one」をさっそく聞いてみました。




今回のテーマは大きく分けてふたつありました。

ひとつ目は、朴大登場退陣要求デモ(集会)について。
市民のシュプレヒコールや、自分の思いを訴える若者の声など、現場で録音された生の音もたくさん収録されていて驚きました。
なんというか、歴史の一場面を覗き見たような感覚でした。
集会に参加していた新聞記者の方のインタビューもとてもよかったです。


ふたつ目は、絵本作家권윤덕(クォン・ユンドク)さんのインタビュー。
今年の6月、チェッコリで韓国から권윤덕さんをお招きして、新作『나무도장』を題材としたトークショーを開催しました。
そのとき、自分なりに권윤덕さんの作品、そして彼女がテーマとして描いている社会問題に真剣に向き合っていろいろ考えたので、今回のインタビューもとても楽しみにしていました。

今回はじめて知ったのは、권윤덕(クォン・ユンドク)さんも若いころ民主化運動の一環でもあった安養(안양)市域の民衆美術運動に参加していたということ。そして、絵にも社会を変革する力と信じて、社会的な責任を感じながら絵を描いてきたということ。

『ソリちゃんのチュソク』の作者である이억배(イ・オクベ)さんも、絵本の原点として安養での日々について語っていたので、韓国の第一世代と呼ばれる絵本作家さんたちには、そういう経験やそこで培われた思想があるのだなとあらためて感じました。


もちろん韓国語の勉強にもとても役立ったのですが、内容にいろいろと感銘を受けたhana17号でした。
こういうとき、外国語を学ぶっていいなあと感じます。

  1. 2016/12/23(金) 21:40:32|
  2. 独学に使ってきた教科書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓国の国語辞典を使いはじめました

111230_doosan_03.jpg

今日から韓国の国語辞典を使いはじめました。
『초등 새국어사전』という子ども用の辞典です。

普段は小学館の『朝鮮語辞典』を使っていますが、韓国語学習15年目(まじめに始めてから)にして、遅すぎるくらいの韓韓辞書スタートです。



実は韓国に短期留学した4年前にも韓韓で辞書をひこうと試みたことがあったのですが、その頃は見出し語のみならず説明もわからず、辞書の中をさまよってばかりだったので韓日辞典に戻ってしまいました。

その頃と今とでは、読む力も、読み方そのものもだいぶ変わっているので、今なら楽しく使えそうです。

『朝鮮語辞典』に比べると小ぶりで字が大きく、ことばを見つけやすいのも嬉しいです。見出し語数は少ないですが…。

初日の今日は、이해인(イ・ヘイン)シスターの「민들레의 영토(たんぽぽの領土)」という詩を読みながら、これまでずっと謎だったことばの意味を調べてみました。ひさしぶりに辞書をひく楽しさを感じています。


子ども向けの国語辞典
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東亜 初等 新国語辞典
価格:3348円(税込、送料別) (2017/5/6時点)



  1. 2016/12/08(木) 22:31:26|
  2. 独学に使ってきた教科書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。