梶山季之『族譜・李朝残影』



梶山季之『族譜・李朝残影』岩波現代文庫

「族譜」、「李朝残影」、「性欲のある風景」

京城(ソウル)で生まれ育った著者が、日本による朝鮮植民地支配の実態や、そこに暮らした日本人・朝鮮人の心情を描いた作品集。感情を持ったひとりの人間を通して描かれる創氏改名や京城の8月15日の様子に強烈な印象を受けました。
支配側(権力側)にこの著者のような良心や罪の意識を持った人物がいたことは救いのようにも感じられるけれど、現実を変える力のない罪の意識だけでは、被支配側にとっては何の意味もないということも痛いほどよく描かれている作品でした。

  1. 2017/05/12(金) 15:10:42|
  2. 韓国にまつわる本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

川村湊(2000)『ソウル都市物語―歴史・文学・風景』



川村湊(2000)『ソウル都市物語―歴史・文学・風景』 平凡社新書

これはおもしろかった!
李朝の都・漢陽から日本植民地下の京城、そして現代のソウル特別市へと移り変わってきた都市ソウルを、さまざまな史料や文学作品をつなぎあわせて描き出していく内容。
京城で育った李箱、同じ時代に支配側として京城に暮らしてていた梶山季之、さまざまな闇を抱えながら発展を遂げていくソウルを描いた中上健次、李良枝など、たくさんの文学者の目線が紹介されていて、巻末の参考文献リストをすべて読んでみたくなる。
リストはなかなか膨大なのだけれど、まずは梶山季之『李朝残影』を注文してみた。
今観光で訪れている明洞や鐘路、地下鉄の路線図で目にしている往十里や永登浦などがそれぞれの時代にどんな意味を持った場所だったのか、そういうことに触れて、もっと知りたい気持ちがむくむく。

  1. 2017/05/12(金) 14:12:55|
  2. 韓国にまつわる本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2