記事一覧

齊藤明美(2004)『ことばと文化の日韓比較―相互理解をめざして』



齊藤明美(2004)『ことばと文化の日韓比較―相互理解をめざして』世界思想社

韓国の大学で長く日本語教師をなさっている齊藤明美さんという方の本です。
韓国での暮らし、日本人と韓国人の違い、韓国独特の習慣などが紹介されていて、とてもおもしろい一冊でした。

「韓国と韓国人の魅力とは」という章で、著者の齊藤さんは韓国の魅力を「ケンチャナヨスピリット」と表現していて、わたしもすごくよくわかる気がしました。「ケンチャナヨ」という言葉に込められた、韓国の人のおおらかさ、情の厚さ。ときにはそれが裏目に出て、ルーズになることもあるけれど、どこか懐かしいような、人間らしい温かさが魅力なのだという内容でした。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

visiter

スポンサードインク

プロフィール

なおこ

Author:なおこ

韓国ソウル育ち
NPO多言語多読(東京・東中野)にて韓国の絵本を読む「韓国語多読の会」を主宰
韓国の本のブックカフェCHEKCCORIの店長
韓国語教室ことばの森ソルレム(東京・恵比寿)運営
「韓国語単語帳」アプリ開発
2013年に韓国語能力試験6級に合格
次の目標はハングル能力検定1級
職業は日本語教師

韓国語の道 twitter

全記事表示リンク

ライブラリー


韓国語学習ジャーナルhana Vol. 04
「韓国語多読の会」が紹介されました。


朝鮮語辞典
辞書はこれを使っています。


暮らしの韓国語単語10,000


日常韓国語会話ネイティブの公式