韓国語の多読教材

わたしは、もともとは「一語一句辞書をひかないと気がすまない」というタイプの外国語学習者で、英語も韓国語も、長年そういうスタイルで勉強してきました。

なので、外国語の本を読もうとすると、とにかく辞書をひいてばかりで、ちっとも前に進まない。さらには、細部にとらわれるあまり、文章の流れや、ストーリーが頭に入ってこない。だんだんと嫌気がさしてきて、最終的には途中で投げ出す。というふうに、「読書の失敗体験」ばかりが増えていっていました。

辞書をひくのは悪いことではないですし、そういう学習のおかげで語彙力が伸びた部分もあるのですが、長年勉強しているのに、ろくに本も読めないというのは悲しいものです。
いつまでたっても自分の外国語能力に自信が持てない理由のひとつにもなっていました。

そんなとき、出会ったのが「多読」です。
(多読にについては「韓国語多読のすすめ」にも書きました)

わたしもまだ始めたばかりなのですが、「多読」に出会ったことで、肩の力が抜けて、「気楽に読めるやさしいものからどんどん読もう」という意識が生まれました。

ただ、韓国語の場合、「気楽に読めるやさしい読み物がない」というのが最大の問題です。
自分で持っている本も、ほとんどが読破するのに数ヶ月かかりそうな手強い小説ばかり…。

そこで、何かないものかとネットをさまよっていて、韓国語の多読教材を発見しました!

初級の語彙と文法で書かれた、韓国の童話5冊セットです。
まずはこれをスタートに、韓国語多読を自分なりにすすめていってみようと思います。

(한국전래동화 다독 라이브러리)

関連記事
  1. 2013/07/22(月) 15:34:57|
  2. 韓国語多読
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<韓国の昔話 방아 찧는 호랑이 | ホーム | 이따 봐/また後で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/105-5b9e50cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)