スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓国語ことわざ まとめ③

공자 앞에서 문자 쓴다
釈迦に説法 (孔子の前で漢字を書く)

꼬리가 길면 밟힌다
悪事を繰り返せばいつかは見つかる (尾が長ければ踏まれる)

남의 밥에 든 콩이 굵어 보인다
隣の芝生は青い (人のご飯に入った豆は粒が大きく見える)

가랑비에 옷 젖는 줄 모른다
小さなことから大事が起こる (小雨で服が濡れるのを知らない)

가랑잎이 솔잎더러 바스락거린다고 한다
目くそ鼻くそを笑う (落ち葉が松の葉を見てかさかさすると言う)

가재는 게 편이다
似た者同士肩を持つ (ザリガニはカニの味方だ)

개구리 올챙이 적 생각을 못한다
初心忘れるべからず (蛙はおたまじゃくしのころを忘れる)

가물에 콩 나듯
珍しいこと (日照りに豆がはえるように)

벙어리 냉가슴 앓듯
誰にも言えず一人で悩む (口の聞けない者が人知れず悩むように)

까마귀 날자 배 떨어진다
無関係の事が同時に起きたために思わぬ疑いをかけられる (烏が飛び立つと梨が落ちる)

물이 깊어야 고기가 모인다
徳の高い人のところには多くの人が集まってくる (水が深ければ魚が集まる)

얕은 내도 깊게 건너라
何事も用心深く行動せよ (浅い川も深く渡れ)

하룻강아지 범 무서운 줄 모른다
生まれたばかりの子犬はトラの恐ろしさを知らない

콩을 팥이라 해도 곧이 듣는다
人の言葉を鵜呑みにする (大豆を小豆だと言っても真に受ける)

호랑이는 죽어서 가죽을 남기고 사람은 죽어서 이름을 남긴다
虎は死後皮を残し、人は死後名を残す

콩으로 메주를 쑨다 해도 곧이들리지 않는다
本当のことを言っても信じない (大豆で味噌麹を作ると言っても信じない)

발 없는 말이 천리 간다
人の口に戸は立てられぬ (足のない言葉が千里を行く)

귀한 자식 매 한대 더 때린다
かわいい子には旅をさせよ (大事な子は鞭でもう一度打つ)

남의 잔치에 감 놓아라 배 놓아라 한다
人のことに余計な口出しをする (他家の法事に柿を置け梨を置けという)

발등에 불이 떨어지다
尻に火がつく (足に火が落ちる)

関連記事
  1. 2013/09/10(火) 17:30:47|
  2. ことわざ・四字熟語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<韓国語 四字熟語まとめ① | ホーム | 쥬니어네이버/ジュニアNAVER>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/130-31c9e97a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。