韓国を代表する詩人リュ・シファのインド旅行記 〈하늘 호수로 떠난 여행/류시화〉

류시화 시인의 인도 여행기를 읽었습니다.
詩人、リュ・シファのインド旅行記を読みました。

제가 일본어를 가르치는 한국분이 추천해주신 책입니다.
私が日本語を教えている韓国の方がおすすめしてくれた本です。

'날이 밝았으니 이제 여행을 떠나야 하리... '

하늘호수로_떠난_여행

くり返しインドに渡っては、目的地もなく全土を旅して回り、インドの人々を見つめた詩人・류시화(リュ・シファ)の旅行記です。
自分の常識がまったく通用しない「インドという異世界」で、戸惑ったり、怒ったり、ときには感動したり・・・。インドの人々との交流を通して、自分を見つめ直していく心境が、赤裸々に綴られていて、とても面白かったです。

'열 번을 여행했지만 인도는 여전히 내게 불가사의하고 신비한 나라다. 더럽고, 익살맞고, 황당하고, 고귀하고, 기발하고, 화려하다. 인간의 모든 고정 관념을 깨부수는 것들이 뒤범벅되어 마술처럼 펼쳐진다. 인도뿐 아니라 우리의 삶 자체가 그러하지 않은가.' (p.205)


タイトルが少し変わっていますが、日本語訳も出ています。

リュ・シファ 『地球星の旅人 -インドの風に吹かれて』 NHK出版

関連記事
  1. 2013/10/30(水) 16:07:35|
  2. ●わたしが読んだ韓国の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<가차없이/容赦なく | ホーム | 곤드레만드레/べろんべろん、ぐでんぐでん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/157-574cb125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)