記事一覧

ハン検のリスニング問題で点を伸ばすコツ

ハン1検受験後記 パート②

今日はリスニング問題を振り返ってみたいと思います。
今回は、これまでの反省をいかして、ちょっとした戦略をもって臨みました。

リスニング問題は、テストテイキングのスキルで点数を大きく伸ばすことができます。スキルというまでもないほど単純なことなので、みなさんもぜひ実践してみてください。


点数を伸ばすコツは、「先読みすること」です。


選択肢が書いてある問題は、とにかく先に選択肢を読んで、キーワードをチェックしておきます。わたしの場合は、その会話のトピックには四角、選択肢の中のキーワードには丸で印をつけます。

そして、答えるためには何を聞きとる必要があるのかを把握しておきます。

そこまでしてから問題を聞くと、聞き取らなくてはいけないポイントに集中することができるので、慌てずにすみます。

まったく準備なしで聞くと、「100%聞き取らないと・・・」と焦って、だんだんわけがわからなくなってきます。(過去に何度もこの失敗をしました・・・)

先読みをするタイミングですが、ハン検の聴解問題は、試験が始まって「問題を開いてもいい」という指示があった後に、アナウンスが入ります。

「これから、第○○回ハングル能力検定の聞き取り・書き取り問題をはじめます・・・・」というようなアナウンスです。(全て韓国語)

このアナウンスを真剣に聞く必要はないので、その間に出来る限りのスピードで選択肢を読み進めます。そしてキーワードに印をつけていきます。

その後も、大きな設題と設題の間には、ちょっとしたアナウンスや、回答のための間が入ります。そういう数秒の時間も、先の選択肢を読むのに使います。そうすると、どの問題も準備ができている状態で聞くことができます。

とても単純なことですが、これがなかなか効果的です。(といっても、試験の結果はこれから!)

過去問で試験の流れを確認して、「このアナウンスが流れている間は、選択肢を読む」と決めておくと、本番で「先読み」のペース配分ができると思います。


「ハングル」能力検定試験過去問題集 1級〈第8巻〉


今回、聞きとりはこの作戦でがんばったのですが、書きとり問題ではたくさんつづりを間違えて、点数をどーんと落としてしまいました。残念・・・。日頃から書きとりの練習をする必要がありそうです。

関連記事

コメント

Re: xyzcvm@yahoo.co.uk

Dear Madelyn,
Thank you very much for visiting my website! Do you study Korean?
I'll keep working hard! Hope to see you back again soon;) 나오코

コメントの投稿

非公開コメント

visiter

スポンサードインク

プロフィール

なおこ

Author:なおこ

韓国ソウル育ち
NPO多言語多読(東京・東中野)にて韓国の絵本を読む「韓国語多読の会」を主宰
韓国の本のブックカフェCHEKCCORIの店長
韓国語教室ことばの森ソルレム(東京・恵比寿)運営
「韓国語単語帳」アプリ開発
2013年に韓国語能力試験6級に合格
次の目標はハングル能力検定1級
職業は日本語教師

韓国語の道 twitter

全記事表示リンク

ライブラリー


韓国語学習ジャーナルhana Vol. 04
「韓国語多読の会」が紹介されました。


朝鮮語辞典
辞書はこれを使っています。


暮らしの韓国語単語10,000


日常韓国語会話ネイティブの公式