プールサイドでラーメン

ソウルに住んでいた小学校時代の話です。

夏になると、よく隣のマンション(マンションというより、低層の団地のようなところ)の敷地内にある小さなプールに泳ぎに行っていました。韓国語では「풀장」(プール場)といいます。

日本のプールと同じように、そのプールでも、水からあがって休まなくてはいけない休憩時間がありました。

でも、おとなしく休むわけではなく、みんな一斉に売店でカップラーメンを買って、お湯を入れて、プールサイドでラーメンを食べるのです。水着に水泳帽という格好のまま、プールサイドの地べたに座って。



売店にあったのは、この「ユッケジャンラーメン」一種類だけでした。

友だちと半ぶんこしてラーメンを食べ、休憩時間が終わるとまたプールに入ります。子どもにとっては、このラーメンがプールに行く目的の半分を占めているというほど、楽しみなものでした。「プールサイドでカップラーメンを食べる」ということへの違和感が、よけいに楽しい気持ちにさせていたのだと思います。

日本から転校生が来たときなどは、「こっちではプールでラーメンが食べられるのよ」と自慢したいような気持ちで、一緒にプールに行っていました。小さな自慢・・・。

このラーメンは今でもそれなりに人気のある商品で、最近は日本でもときどき目にします。

休憩時間にラーメンを食べていたのは、あのプールだけだったのか、それとも一般的だったのか、それは今になってはわかりませんが、なんとも懐かしい思い出です。

ちなみに、このマンションは老朽化して跡形もなく取り壊され、今では立派な高層マンションになりました。

関連記事
  1. 2013/12/12(木) 10:47:42|
  2. ●わたしと韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野菜たっぷり健康ごはん/사월에 보리밥(鐘路) | ホーム | 빙글빙글/くるくる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/183-09e8cad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)