~죠の自然な使い方

「~죠」は、「~지요」の省略形で、「~でしょう」、「~ましょう」という意味です。


①「オズの魔法使い」に出てくる、ドロシーとかかしの会話です。

도로시가 입을 였었습니다.
ドロシーが口を開きました。

"어떻게 강을 건너죠?"
どうやって川を渡りましょうか?

허수아비가 대답했습니다.
かかしが答えました。

"그거야 쉽죠."
そんなの簡単でしょう。

"양철 나무꾼이 뗏목을 만들면 그걸 타고 건너가면 돼요."
ブリキの木こりがいかだを作ったら、それに乗って渡ればいいですよ。


②ドロシーたちがオズに「約束を守れ」と詰めよる場面です。

"저한테는 용기를 주신다고 했죠."
わたしには勇気をくださると言ったでしょう。

겁쟁이 사자도 덧붙었습니다.
怖がりのライオンもつけ加えました。

"약속을 지겨셔야죠!"
約束を守ってくださらないと!

도로시도 소리쳤습니다.
ドロシーも声をあげました。


③ドロシーとライオンが、友だちを救おうと話し合う場面です。

도로시가 걱정스럽게 물었습니다.
ドロシーが心配そうに聞きました。

"우리가 구할 수 있을까요?"
わたしたちが救うことができるかしら?

"한번 해보죠."
一度やってみましょう。

関連記事
  1. 2013/12/17(火) 07:21:02|
  2. 「オズの魔法使い」で学ぶ韓国語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新年の挨拶集 | ホーム | 쪼글쪼글/しわしわ、しわくちゃ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/187-52a1ab16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)