童話作家チョン・チェボン氏の代表作 〈오세암〉

写真 (1)

童話作家チョン・チェボン(정채봉)氏の代表作〈오세암/オセアム〉を読みました。

わたしが日本語を教えている韓国の方がおすすめしてくださった一冊です。その方とは、もう二年近くオンラインでの「Book Talk」(読書を軸にしたレッスン)を続けています。同じ本をお互いに読み進め、週に二回オンラインで本の内容や感想について日本語で話し合うというものです。これまでに『窓際のトットちゃん』、『父の詫び状』、『あのころ』、『西の魔女が死んだ』などを読んできました。通常の日本語のレッスンとはずいぶん違うものですが、長く続けるうちに「読書仲間」のような関係になってきて、毎回話が白熱しています。

その方にすすめていただいて読んだのが、リュ・シファのインド旅行記 〈하늘 호수로 떠난 여행/류시화〉、そして今回の〈오세암/オセアム〉です。

「오세암(五歳庵)」はソラク山に実際にある洞窟寺院の名前で、そこで五歳の少年が仏様になったという伝説があるそうです。このお話は、その伝説をチョン・チェボン氏が童話に書きあげたもので、韓国ではアニメ映画にもなっています。親のいない姉思いの幼い少年が、最後にはひとり死んでしまう少し悲しいお話です。

この本には〈오세암/オセアム〉の他にも、13の短いお話が収録されています。どれも、野の雑草、人形、貝、種、水、洗剤の泡など、誰にも見向きもされないような小さな小さな命を主人公にした優しいお話ばかりです。温かい童話の世界に、日常の忙しさを忘れることができてとてもよかったです。


読み終わった本は「韓国語多読の会」の蔵書に加えて、先々は貸し出しできる体制を整えたいと思っています。読んでみたいという方はご連絡ください。

関連記事
  1. 2014/04/06(日) 15:12:56|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<韓国語多読の会、今月は4/14、4/21、4/28に開催します! | ホーム | 韓国語多読の会、次回は4月7日(月)です!>>

コメント

オセアム

韓国語学習者です。
いろいろ勉強になるとともに、興味深い絵本等の紹介もあってしばしば拝読しています。

このオセアムについては本もお寺も知りませんでしたが、いくつかのサイトで見てみたところ、漢字表記は「五歳庵」が正しいようです。話の内容にも合致しているし・・・。ご確認ください。
  1. 2015/02/26(木) 18:43:15 |
  2. URL |
  3. マッキー #65oEA.3k
  4. [ 編集 ]

Re: オセアム

コメントありがとうございます。
ブログを読んでくださる方がいて嬉しいです。

オセアムの漢字はそう書くのですね。
お話の内容とも合っているので、きっとそうなのだと思います。
直しておきます。

どうもありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
  1. 2015/02/27(金) 13:29:05 |
  2. URL |
  3. マッキーさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/200-ad95e754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)