記事一覧

懐かしい子守歌 〈새는 새는 나무 자고〉

714401_M.jpg

とてもすてきな絵本に出会いました。

韓国の「자장노래(子守歌)」、「새는 새는 나무 자고(鳥は鳥は木に眠り)」を絵本にした作品です。


「자장자장 자장자장」という、子どもを寝かしつける声ではじまり(日本語でいうと、ねんねんころりよ、という感じでしょうか)、村のあちこちで眠りにつく生き物たちのことを歌っていきます。


새는 새는 나무 자고 鳥は 鳥は 木に眠り
쥐는 쥐는 구멍 자고 ねずみは ねずみは 穴に眠り…
・・・・

鳥、牛、犬、カエル、魚、松ぼっくり・・・生き物たちがみんな眠りにつくのと一緒に、赤ちゃんもすやすや。


우리 아기 어디 자나 わたしの赤ちゃんはどこで眠るの
엄마 품에 잠을 자지 お母さんの胸で眠るのよ


心地よい4拍子のリズムが続いていきます。

はじめて手にとった本でしたが、ページをめくっていると、「자장자장 자장자장…」という歌のメロディーがぼんやりと頭に浮かんできました。もしかしたら、小さいころ韓国で聞いていた子守歌が、記憶の奥深くに残っているのかもしれません。

はっきりとは覚えていないのですが、この4拍の静かな歌が懐かしく感じられて、ずっと絵本を開いていたい気持ちになりました。


絵の色彩も、「韓国らしさ」をいっぱいに伝えてくれます。
オンドルのあたたかい黄色と、枕やお布団につかわれる柔らかい緑や赤。
全体を包み込んでいる夜の深い青。

日本の絵本にも、西洋の絵本にもない、韓国の色彩の世界だと思います。


ここのところ、忙しい毎日に少し疲れていましたが、いい絵本と出会えて、ほっと一息つくことができました。


絵本を貸してくださった絵本の会のみなさま、감사합니다.
韓国語多読の会でも、この本を一緒に読んでみたいと思います。


日本語にも翻訳されているようです。

『ことりはことりは木でねんね』


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

visiter

スポンサードインク

プロフィール

なおこ

Author:なおこ

韓国ソウル育ち
NPO多言語多読(東京・東中野)にて韓国の絵本を読む「韓国語多読の会」を主宰
韓国の本のブックカフェCHEKCCORIの店長
韓国語教室ことばの森ソルレム(東京・恵比寿)運営
「韓国語単語帳」アプリ開発
2013年に韓国語能力試験6級に合格
次の目標はハングル能力検定1級
職業は日本語教師

韓国語の道 twitter

全記事表示リンク

ライブラリー


韓国語学習ジャーナルhana Vol. 04
「韓国語多読の会」が紹介されました。


朝鮮語辞典
辞書はこれを使っています。


暮らしの韓国語単語10,000


日常韓国語会話ネイティブの公式