記事一覧

1973年の延世大学語学堂修了証書

1973年の延世大学語学堂修了証書

父が、その昔、ソウルで韓国語を学んだときの修了証書です。

1969_1



当時のクラスメイトは、西洋の国から来た宣教師さんたちばかりだったそうです。


父は20年近く韓国で仕事をしていました。

わたしが生まれたときも、父はすでに韓国に引越した後。でも、そのときが初めてではなくて、もっと前があったようなので、ちょっと話を聞いてみました。

学生時代、朝鮮語を専攻していた父。きっかけは、高校生のときに教科書で見た世宗(セジョン)大王の訓民正音に興味を持ったことだそうです。

初めての韓国は、1969年。
神戸から船に乗って釜山に渡り、船で知り合った人の家に泊めてもらったとか。釜山から、慶州、大邱、ソウルと巡ったそうですが、写真は船の中の一枚しかありません。

その後、日本に戻った父は、企業に就職し再びソウルへ。語学堂に通い、仕事もして、一度は日本に帰国。

その次は、結婚して、家族も連れて、また再びソウルへ。こうして、わたしのソウル暮らしも始まりました。

韓国語は、父が、今のわたしよりもずっと若かったころに興味を持った言語。
それがきっかけで、わたしと韓国の縁も始まったのだと思うと不思議です。

日本に帰国して長い月日が経った今でも、父は韓国の新聞に日々目を通しています。韓国のこと、韓国語のことを、よくわかっている人だと思います。


新村の延世大学に向かう道

1969_2


延世大学の正門

1969_3



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

visiter

スポンサードインク

プロフィール

なおこ

Author:なおこ

韓国ソウル育ち
NPO多言語多読(東京・東中野)にて韓国の絵本を読む「韓国語多読の会」を主宰
韓国の本のブックカフェCHEKCCORIの店長
韓国語教室ことばの森ソルレム(東京・恵比寿)運営
「韓国語単語帳」アプリ開発
2013年に韓国語能力試験6級に合格
次の目標はハングル能力検定1級
職業は日本語教師

韓国語の道 twitter

全記事表示リンク

ライブラリー


韓国語学習ジャーナルhana Vol. 04
「韓国語多読の会」が紹介されました。


朝鮮語辞典
辞書はこれを使っています。


暮らしの韓国語単語10,000


日常韓国語会話ネイティブの公式