記事一覧

ハングル能力検定

「ハングル能力検定」は、日本語を母語とする韓国語学習者向けの試験です。

年に2回(6月、11月)、日本でのみ実施されています。

レベルは5級、4級、3級、2級、準2級、1級の6段階。
いちばん易しいのが5級です。(韓国語能力試験と反対です。)

筆記試験と聞き取り/書き取り試験を合わせて、5級~3級までは、100点中60点以上で合格
準2級からは70点以上で合格です。

上のレベルにいくにしたがって、慣用句、ことわざ、四字熟語などの問題が多く出題されるようになるので、知識として知っていなければ点数が出せません。長文読解も難関です。

わたしは今、韓国語能力試験(TOPIK)6級と、ハングル能力試験1級に向けて勉強しているのですが
同じ最上級のレベルを比較すると、ハングル能力試験のほうが圧倒的に難しいです。

何級を受けたらいいか迷われる方は、ホームページに各級ごとのサンプル問題が出ているので
一度試してみてください。

ハングル能力検定
http://www.hangul.or.jp/

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

visiter

スポンサードインク

プロフィール

なおこ

Author:なおこ

韓国ソウル育ち
NPO多言語多読(東京・東中野)にて韓国の絵本を読む「韓国語多読の会」を主宰
韓国の本のブックカフェCHEKCCORIの店長
韓国語教室ことばの森ソルレム(東京・恵比寿)運営
「韓国語単語帳」アプリ開発
2013年に韓国語能力試験6級に合格
次の目標はハングル能力検定1級
職業は日本語教師

韓国語の道 twitter

全記事表示リンク

ライブラリー


韓国語学習ジャーナルhana Vol. 04
「韓国語多読の会」が紹介されました。


朝鮮語辞典
辞書はこれを使っています。


暮らしの韓国語単語10,000


日常韓国語会話ネイティブの公式