スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

渡辺吉鎔(1996)『韓国言語風景』



渡辺吉鎔(1996)『韓国言語風景―揺らぐ文化・変わる社会 』岩波新書

期待せずに読みはじめたら第一章からものすごくおもしろい。

第一章 日韓文化の遠近
1 ことばに宿るコスモロジー
2 数の民俗
3 「気」と動物のイメージ
4 「色」の世界

五行思想が日本語と韓国語に残している影響を知って、今までわけを知らずになんとなく受け入れていたこと、例えば「韓国の運動会は青組と白組に分かれている」、「東西に龍と虎が守り神として配置されている」、「日本語の色のことばは基本の五色だけが形容詞の形を持つ(青い、赤い、黄色い、白い、黒い)」(茶色は例外)など、それらの根底にこの五行の考え方があることがわかって目から鱗でした。

関連記事
  1. 2016/11/27(日) 15:45:09|
  2. ●韓国にまつわる読書記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<韓国の国語辞典を使いはじめました | ホーム | 暮らしの韓国語単語10,000>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/357-635b9d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。