韓国の国語辞典を使いはじめました

111230_doosan_03.jpg

今日から韓国の国語辞典を使いはじめました。
『초등 새국어사전』という子ども用の辞典です。

普段は小学館の『朝鮮語辞典』を使っていますが、韓国語学習15年目(まじめに始めてから)にして、遅すぎるくらいの韓韓辞書スタートです。



実は韓国に短期留学した4年前にも韓韓で辞書をひこうと試みたことがあったのですが、その頃は見出し語のみならず説明もわからず、辞書の中をさまよってばかりだったので韓日辞典に戻ってしまいました。

その頃と今とでは、読む力も、読み方そのものもだいぶ変わっているので、今なら楽しく使えそうです。

『朝鮮語辞典』に比べると小ぶりで字が大きく、ことばを見つけやすいのも嬉しいです。見出し語数は少ないですが…。

初日の今日は、이해인(イ・ヘイン)シスターの「민들레의 영토(たんぽぽの領土)」という詩を読みながら、これまでずっと謎だったことばの意味を調べてみました。ひさしぶりに辞書をひく楽しさを感じています。


子ども向けの国語辞典
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東亜 初等 新国語辞典
価格:3348円(税込、送料別) (2017/5/6時点)



関連記事
  1. 2016/12/08(木) 22:31:26|
  2. 独学に使ってきた教科書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<hana17号のCDを聞いて | ホーム | 渡辺吉鎔(1996)『韓国言語風景』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/358-01d82e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)