記事一覧

川村湊(2000)『ソウル都市物語―歴史・文学・風景』



川村湊(2000)『ソウル都市物語―歴史・文学・風景』 平凡社新書

李朝の都・漢陽から日本植民地下の京城へ、そして現代のソウル特別市へと移り変わってきた都市ソウルを、さまざまな史料や文学作品をつなぎあわせて描き出していく内容です。

京城で育った李箱、同じ時代に支配側として京城にいた梶山季之、闇を抱えながら発展を遂げていくソウルを描いた中上健次、李良枝など、たくさんの文学者の目線が紹介されていて、巻末の参考文献リストをすべて読んでみたくなりました。

今観光で訪れている明洞や鐘路、地下鉄の路線図で目にしている往十里や永登浦などがそれぞれの時代にどんな意味を持った場所だったのかも紹介されています。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

visiter

スポンサードインク

プロフィール

なおこ

Author:なおこ

韓国ソウル育ち
NPO多言語多読(東京・東中野)にて韓国の絵本を読む「韓国語多読の会」を主宰
韓国の本のブックカフェCHEKCCORIの店長
韓国語教室ことばの森ソルレム(東京・恵比寿)運営
「韓国語単語帳」アプリ開発
2013年に韓国語能力試験6級に合格
次の目標はハングル能力検定1級
職業は日本語教師

韓国語の道 twitter

全記事表示リンク

ライブラリー


韓国語学習ジャーナルhana Vol. 04
「韓国語多読の会」が紹介されました。


朝鮮語辞典
辞書はこれを使っています。


暮らしの韓国語単語10,000


日常韓国語会話ネイティブの公式