記事一覧

梶山季之『族譜・李朝残影』



梶山季之『族譜・李朝残影』岩波現代文庫

「族譜」、「李朝残影」、「性欲のある風景」

京城(ソウル)で生まれ育った梶山季之の三つの作品を読みました。

日本による朝鮮植民地支配の実態が細かく描写されています。
感情を持ったひとりの人間(梶山季之本人かのような主人公)を通して描かれる創氏改名にショックを受けました。
日本の敗戦で大きく揺れていた1945年8月15日の京城(ソウル)の様子もとりつかれるように読んでしまいました。
支配側(権力側)に著者のような良心や罪の意識を持った人物がいたことは救いのようにも感じられますが、現実を変える力のない罪の意識は被支配側にとっては何の意味もないということも痛いほどよく描かれている作品でした。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

visiter

スポンサードインク

プロフィール

なおこ

Author:なおこ

韓国ソウル育ち
NPO多言語多読(東京・東中野)にて韓国の絵本を読む「韓国語多読の会」を主宰
韓国の本のブックカフェCHEKCCORIの店長
韓国語教室ことばの森ソルレム(東京・恵比寿)運営
「韓国語単語帳」アプリ開発
2013年に韓国語能力試験6級に合格
次の目標はハングル能力検定1級
職業は日本語教師

韓国語の道 twitter

全記事表示リンク

ライブラリー


韓国語学習ジャーナルhana Vol. 04
「韓国語多読の会」が紹介されました。


朝鮮語辞典
辞書はこれを使っています。


暮らしの韓国語単語10,000


日常韓国語会話ネイティブの公式