スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓国のWi-Fi事情

韓国は、日本よりFree Wi-Fiが充実しています。
外に出ているときはほとんどだめですが、ホテルやカフェに入ると、たいていはWi-Fiが使えます。

旅行中、メールやLINE、カカオ、Facebookなどをときどきチェックできればいいという場合は、日本のスマートフォンを「飛行機モード」にして、「Wi-Fi ON」にすれば、それなに不便なく過ごすことができます。

ちなみに、どこにいても、たいてい「ollehWiFi」というWi-Fiが表示されるのですが、これは韓国の住民番号がなければ使えません。つまり、韓国で住民登録をしている留学生などは使えるのですが、3ヶ月以内の短期留学の学生や、旅行客は使えません。

同じく、地下鉄や駅の近くでは「T wifi zone」「FREE U+zone」というWi-Fiが表示されますが、これも旅行者は使えません。

「iptime」というWi-Fiだけは、住民番号なしでも使えるので、外でWi-Fiをひろいたいときは、「iptime」を探してみてください。

わたしは、旅行のときはFree Wi-Fiを利用し、短期留学で3ヶ月滞在したときは、Wi-Fiルーター(Wi-Fi Egg)を一ヶ月5000円でレンタルしていました。
3ヶ月だけだったので、韓国の携帯は持たず、通話はカカオかLINEを使っていました。
韓国の人たちはほとんど全員カカオを使っているので、特に不便は感じませんでした。

レンタルは、部屋の契約を仲介してくれた「ハバン」という会社でしていました。
レンタル料の他に、保証金(1万円または15万ウォン)が必要でしたが、返却時に戻ってきます。

ハバン
http://www.habang.co.kr/p_info_wifiegg

関連記事
  1. 2013/03/02(土) 01:40:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<韓国の水事情 | ホーム | 韓国の銀行で口座を作る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/5-f6f986e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。