スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓国語ことわざ まとめ①

누워서 떡 먹기
朝飯前 (横になって餅を食べる)

그림에 떡
絵に描いた餅

우물 안의 개구리
井の中の蛙

원숭이도 나무에서 떨어진다
猿も木から落ちる

좋은 약은 입에 쓰다
良薬口に苦し

도토리 키 재기
どんぐりの背比べ

비 온 뒤에 땅이 굳어진다
雨降って地固まる

낮말은 새가 듣고 밤말은 쥐가 듣는다
壁に耳あり障子に目あり (昼の話は鳥が聞き、夜の話はネズミが聞く)

호랑이도 제 말하면 온다
噂をすれば影 (虎も自分の話になると来る)

범에게 날개
鬼に金棒 (虎に翼)

쇠귀에 경 읽기
馬の耳に念仏 (牛の耳に経を読む)

새발의 피
雀の涙 (鳥の足の血)

가는 날이 장날
偶然予想外の出来事に出くわす (行く日が市の日)

가는 말이 고와야 오는 말이 곱다
売り言葉に買い言葉 (かける言葉が優しくてこそ、返ってくる言葉も優しい)

고생 끝에 낙이 온다
苦労の末に楽が来る

금강산도 식후경
花より団子 (金剛山も食後景)

돌다리도 두들겨 보고 건너라
石橋も叩いて渡れ

세 살 적 버릇이 여든까지 간다
三つ子の魂百まで (3歳の癖は80まで続く)

피는 물보다 진하다
血は水よりも濃い

가까운 남이 먼 친척보다 낫다
遠い親戚より近くの他人

시작이 반이다
始めが肝心 (始まりが半分だ)

식은 죽 먹기
朝飯前 (冷めた粥を食べる)

하늘의 별따기
不可能に近いこと (空の星摘み)

옷이 날개다
馬子にも衣装 (服が翼だ)

엎지른 물
覆水盆に返らず (こぼした水)

마른하늘에 날벼락
晴天の霹靂 (晴天に雷)

개천에서 용 난다
鳶が鷹を生む (どぶから龍が出る)

아니 땐 굴뚝에 연기 날까
火のないところに煙は立たぬ (火をつけていない煙突から煙が出るか)

무소식이 희소식
便りのないのはよい便り (無消息は喜消息)

가려운 곳 긁어 주듯
痒いところに手が届く

바늘방석에 앉은 것 같다
針のむしろ

밑 빠진 독에 물붓기
焼け石に水 (底の抜けたかめに水を注ぐ)

꿩 먹고 알 먹는다
一挙両得 (キジを食べ卵も食べる)

젊어서 고생은 사서도 한다
若いうちの苦労は買ってでもせよ

갈수록 태산
山また山

빈 수레가 요란하다
だめな人ほどうるさい (空の荷車ほどうるさい)

사공이 많으면 배가 산으로 올라간다
船頭多くして船山に登る

설마가 사람 죽인다
油断大敵 (まさかが人を殺す)

등잔 밑이 어둡다
灯台下暗し

엎어지면 코 닿을 데
目と鼻の先 (うつぶせになれば鼻が届くところ)

작은 고추가 더 맵다
山椒は小粒でもぴりりと辛い (小さい唐辛子ほど辛い)

소 잃고 외양간 고친다
後の祭り (牛を失ってから牛小屋を直す)

누워서 침 뱉기
天に唾する

티끌 모아 태산
ちりも積もれば山となる

하나를 보고 열을 안다
一を見て十を知る

도마에 오른 고기
まな板の上の鯉

그 아버지에 그 아들
この親にしてこの子あり (その父にその息子)

뛰는 놈 위에 나는 놈 있다  
上には上がある (走る者の上には飛ぶ者がいる)

関連記事
  1. 2013/04/27(土) 12:43:03|
  2. ことわざ・四字熟語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<韓国語ことわざ まとめ② | ホーム | TOPIK高級の長作文(第30回)>>

コメント

시작이 반이다
始めが肝心 (始まりが半分だ)

日本の諺と類似してる様で違いますね
日本の諺は石橋を叩いて渡れに似てます

対して韓国のは、何事でも良く考えずに事を始めれば早くやった者が得する意味ですね
  1. 2017/05/26(金) 12:00:25 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/60-aefc175a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。