일본어 번역 스킬/日本語翻訳スキル



先月ソウルに行ったときに、高麗大学内にあるUNI STOREという学生用の書店で偶然見つけて買った本です。

日本語を韓国語に翻訳するときに、気をつけなければならないポイントが細かく解説されています。

単語レベルでも、「なるほど、韓国語ではそういうのか」と、学ぶことがいっぱいです。

例えば、
「ニート」「무위도식 청년」というそうです。漢字にすると「無為徒食 青年」ですね。

「ホームレス」「노숙자」

「エスカレートする」「강도가 높아지다」

「部屋にひきこもっている」「방에만 틀어박혀 있다」などなど、なるほどーの連続です。

文の単位でも、「不安がよぎらないわけではない」のような日本語ならではの二重否定の文をどう扱うかなど、ためになることがたくさん書かれています。

翻訳に限らず、話すときの参考にもなりそうです。
いかにも日本語を直訳したような韓国語にならないように、韓国語の文章にたくさん触れて
自然な韓国語を目指していきたいです。

関連記事
  1. 2013/03/02(土) 17:22:07|
  2. 独学に使ってきた教科書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<풍속화 -붓과 색으로 조선을 깨우다 | ホーム | 韓国のコンセント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naokorean.blog.fc2.com/tb.php/8-a6b8fca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)